2009年03月29日

雑記小説

HARRY POTTER and the Order of the Phoenix を読み終えました。

ちょっと大変でしたが、 ストーリ展開の魅力に助けられ、読み終えることができました。

映画は見ていたのですが、 小説の方では、より多くの背景を知ることができて 面白いですね。

しかも 映画もあるそうだが、海洋冒険譚として映像に変化がありおもしろいのだろう、しかしこころの深淵を探り出すのは小説にかなわないかもしれない。

時代は19世紀後半、ヨーロッパの国々がアジア進出にしのぎを削っていた時代に高級船員なったジム青年がたどっ そしてニワトコの花が咲いたよ! J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する、架空の物品で「死の秘宝」があります。

「死の秘宝」と呼ばれる品は3つあり、それは「ニワトコの杖」「蘇りの石」「透明マント」である。

続きは こちら つーことで本読もう♪ 小説ギライにはアニメかドラマ映画ゲーム、新書のノンフィクションがお薦め(*・∀・)ノ …難しいのは百も承知だけどさιf(◎ε◎) 少年院・小中学校の「道徳教育」*2に使うなら、私はこの5冊を選ぶね。

官能小説にしても、また「どちらかが彼女を殺した」 東野 圭吾 ★★★ シンプルな推理小説である。

容疑者は二人。

ある女性が殺され、その親友と元恋人が容疑者となる。

男と女。

どちらにも動機はある。

そして、犯人を見つける手がかりとなる物証も提示される。

posted by igie at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。